映画館のデートがいまだに良い理由。心理学から

なぜ、映画館のデートは昔から人気ですか?

映画館のデートは、古いでしょうか?
そもそも、なぜ映画館のデートは、ここまで一般的になったのでしょうか?

人間には、「同じ体験を共有すると、親密になる」という仕組みがあるからです。

しかし、それは人間に限りません。
チンパンジーによる実験でも同じでした。

社会的な動物は、親密になる法則があったのです。

同じ映画を見ると、親密になる

チンパンジーの実験を説明します。
まず、チンパンジーと人間が同じ映像を見ます。

相手はチンパンジーです。
映像を見ているか、チェックする必要があります。
具体的には、視線を計測する機械を使っています。

同じ映像を見ると友好的になる

チンパンジーが人間と同じ映像を見ると、人間に近寄るようになりました。
警戒感が薄れたのです。

チンパンジー同士でも親密になる

次は、チンパンジー同士で同じ映像を見せます。
この実験結果も同じです。

同じ映像を見たチンパンジーは、同じ部屋に長く滞在しました。
さらに、毛づくろいする仲にもなりました。

一方で、別々の映像を見せられたチンパンジーは、互いに警戒をしました。
時にはケンカも起こります。

この研究報告の論文はこちら。[※]

同じ体験をすると親密になる

人間でもチンパンジーでも、同じ体験をすると、親密な仲になります。
同じ体験ですから、映画に限りません。

遊園地や美術館がデートの定番と言われるのは、もともとの本能から来ているのでしょう。

また、同じ教室、同じ会社にいるだけで、親密になることができます。
体験が共有されるからです。

お酒は共感を生む

飲みに誘うのも、昔からあるデートプランです。

それは、お酒によって共感が高まるからです。[※]

そう考えると、昔からある定番デートプランは、脳の特性や、本能に結びついていると分かります。

同じ脳活動パターンになる

一緒に映画を見ると、同じ脳活動パターンで記憶されます。[※]

つまり、個人別な違いはありません。

同じ体験をすると「親密さが増すようになる」という脳の特性です。

家で見る映画との違いは?

ネットフリックスAmazonプライム・ビデオで、家でも映画をみることができます。

こちらも同じ体験なので、親密さを深めることができます。
ただし、家での体験です。

映画館で見る方が、物理的な距離が近づきます。
隣の椅子に座るからです。

物理的な距離は、心理的な距離にも影響します。

他の体験もできる

映画館のデートであれば、カフェに寄ったり、一緒に食事をする計画が立てられます。
つまり、同じ体験を増やすことができます。

そう考えると、家で一緒に映画を見るよりも、外に出た方が仲良くなることができるでしょう。

映画館のデートで気をつけること

前述のように、映画館のデートには、親密さを深めるメリットがあります。

しかし、注意点もあるので、これらのことに気をつけると良いでしょう。

後味の良い映画を見る

後味の良い映画を見る」というのは、最低限のルールです。

人は、考えさせるような(いわゆる知的な)映画を好むことがあります。
これは、効果がありません。

海外で、サッカーやバスケットボールの試合を見ると、見ず知らずの人が抱き合ったりすることがあります。
劇的な逆転劇が起きた場合です。

素晴らしい体験ほど、距離を縮めることができます。

寝てはいけない

もちろん、鑑賞中に寝てはいけません。

それでも、どちらかが寝てしまった場合は、内容を教えてあげると良いでしょう。
同じ体験をしなくても、教えることで、脳の活動パターンが同じになります。[※]

もし、このような仕組みがなければ、人間同士で協力することは、なかったでしょう。

マナーを守る

もちろん、映画を見るのに、マナーを守って下さい。
マナーが悪いと、相手は不安になります。

これでは、マイナスの体験です。

最後に

社会的な動物は、体験を共有することで、親密になることができます。

学校や会社などのコミュニティ内では、必然的に距離が縮まります。
もし、コミュニティの外にいるなら、同じ体験をすることが大切です。

デートという行為自体、人間が本能的に身につけたかもしれませんね!