好きなことを見つける科学的な方法

好きなことを見つける

好きなことで生きる」ができる時代です。

とはいえ、好きでなくても、仕事をすれば、お金を得ることができます。
魅力的なのは、好きなことをして、お金を得ることです。

欲と言えば欲ですが、多くの人は「お金を得るには?」ということから考えます。

その答えは簡単で、スキルを磨けば、お金に換わります。
しかし、ほとんどの人は、スキルを磨く段階で挫折します。

その理由も単純です。
あなたが本当に「好きなこと」を見つけられていないからです。

あなたのフロー状態を見つける

時間を忘れるほど、夢中になったことはありますか?

これを心理学では、「フロー体験」と言います。

フロー(心理学)とは? 分かりやすく解説
夢中になる状態。

アスリートや経営者は、ゾーンと呼んでいます。

お湯が湧くまで、鍋をじっと見つめてください。
3分間であっても、最も長く感じる3分間です。

フローは、この逆です。

楽しいかどうかの感情はさておき、時間を短く感じるほど、あなたはフロー状態に入っています。

夢中になれること」というのは、好きなことである可能性が高いです。

実際に脳科学だと、フロー状態の人は、前頭前野の活動が低下しています。
時間感覚は、前頭前野で処理されるからです。
そのため、時間を忘れるほど、没頭できるのです。

才能とフロー状態

フロー状態は、私たちが才能と呼ぶものに近いです。

才能のひとつは、適性です。
もうひとつの才能は、夢中になるほど、それに打ち込めることです。

つまり、フロー状態の才能こそ、長く続き、結果が出やすくなります。

適正=才能の考え方だと、続けることができません。
適正というのは、いずれ継続している人に抜かされるのです。

楽しいという感情を切り離して

「楽しい」「うれしい」という感情を切り離してください。

仕事で夢中(フロー)になっている時、充実感があるにも関わらず、「楽しい」「うれしい」といった感情はありません。
それは、仕事だからです。

しかし、フロー状態にあるため、終わってみれば充実感が残ります。

ゲームで夢中になるのと、仕事で夢中になるのは、同じフロー状態です。
仕事と違うのは、「感情が違うだけ」ということに気がつきます。

実際に、趣味で描く絵と、仕事で描く絵は、感情が違います。

ゲームは10割楽しいかもしれません。
しかし仕事は、どうやっても2〜3割は楽しくないことが起きてしまいます。
この2〜3割の印象が強いのです。

好きと承認欲求は違う

仕事には、「承認欲求を得る仕事」と「学習を得る仕事」の2つがあります。

好きを仕事にする」というキャッチコピーは、魅力的かもしれません。
承認欲求が得られるような気になるからです。

プロ」という言葉が付くだけで、あこがれの対象になる職業もあります。
(羨望と妬みは紙一重です)

夢中になれないことで、承認欲求を得ようとすると、上手く行きません。
スキルを得る前に、挫折するからです。
(多くの人は、向いていないと言います)

好きのために努力できるか?

デザインが好きなデザイナーは、デザインだけなら何時間でもやってしまいます。
フロー状態になるからです。

フロー状態であれば、スキルも上がります。

ところが、デザイナーの仕事は、デザインだけではありません。
打ち合わせをしたり、フリーランスなら請求書や見積もりの作成があります。
ユーチューバーも、撮影以外に編集作業があります。

そのため、「好きなことのために、努力できるか?」という視点が必要です。
好きと努力のバランスが崩れると、やはり挫折しやすくなります。

どうしても楽しくない作業の印象が脳に残るので、フロー状態にある楽しい自分を思い出してください。

厳しいアスリートの世界

アスリートは、本当に厳しい世界です。
サッカーや野球が好きでも、毎日のトレーニングは苦しいからです。

上手くルーティンを取り入れるしかありません。

フローを見つける

あなたのフローを見つけてください。

普段の仕事に、フローが隠れていることがあります。

例えば、プログラマーがデザインをするのが楽しくなった時です。
隠されたフローは、デザインすることだったのです。

次に「どうすればフローの割合を増やせるか?」を考えてください。

フローが見つかっていなければ、やったことがないものにチャレンジしましょう。

もうひとつの科学的な方法

好きを見つけることには、大きな敵が存在します。
それは「好きではない」という「思い込み」です。

例えば、コックは男性向きの職業だとすり込まれた場合、料理が好きでコックになりたい女性は、コックの訓練を楽しむことができません。

どこかに「どうせ向いていない」というバイアスが掛かってしまうのでしょう。

また、学校でイヤな経験をした場合、「好きではない」という思い込みが生まれてしまいます。

スポーツが好きなのに、体育の先生が嫌いで、授業が楽しめなかった。

このような場合に、「好きではない」という間違った思い込みが起こります。

これが実際に起こるのかを検証した研究報告があります。[※]

このオハイオ州立大学による研究では、それが実際に起こることに加え、思い込みを防ぐ方法まで見つけています。

1人称視点を持つこと

実験の参加者は、数学や科学に関するシミュレーションゲームをプレイしました。

プレイ後、参加者らは、他人に撮られた写真と、自分の視点で撮られた写真を見せられます。

自分の視点で撮られた写真を見せられた人は、「好きではない」という思い込みがありませんでした。

実際に好きなことを「好き」と判断でき、好きではないことを「好きではない」という正しい判断ができました。
つまり、思い込みがなくなり、好きを見つけることができたのです。

経験を思い出してください

実際に写真を撮るのは、難しいかもしれません。

ウェアラブルカメラを使うのも手ですが、それだったらネックストラップでスマホを首に掛けた方が良いでしょう。

単純ですが、思い出すとき、1人称の視点で映像を思い出してください。

まずは、体験を思い出すことです。
そして、他人の顔を思い出すのではなく、自分が何かをしている映像で思い出してください。

本当に興味があるかを見つけることができます!