ルーティン化で人生の効率を2倍にする方法

ルーチン化で やる気を底上げしよう

ルーチンとは、毎回決まった行動をすることです。

ほとんどの人は、朝起きて、ルーチン行動をしています。
顔を洗い、朝食を食べ、歯を磨いているのです。

ルーチンをする意味は、意思決定をしないことです。
これは重要なメリットですが、多くの人が意志決定に疲れると思っていないので、見逃しています。

ルーチンの本質は、意志決定を省略し、他の行動に投資することです。

あなたがやりたくないことも、ルーティン化すれば、できるようになります。
ルーチンワークは、マンネリでも苦にならないテクニックなのです。

意志決定は疲労する

アメリカのオバマ元大統領や、Appleのスティーブ・ジョブズは、同じ服を着ることで有名でした。

彼らは、「服を選ぶ」という意志決定を省略します。
その代わり、他の行動や、意志決定に力を注ぎます。

意志決定は疲れる

服装をルーチン化する

服をたくさん買う人がいます。
たくさんの服があれば、どんな組み合わせも自由自在です。

しかし、実際はデートの日、何を着れば良いのか分からず、疲労してしまいます。
服選びに疲れるのであれば、相手を喜ばせることについて、考えた方が良いでしょう。

これは、材料が多すぎるのです。
いくらでもある材料の中から「一番おいしい料理を作ってください」と言われると、誰もが困ると思います。

意思決定だけで、人は疲労するのです。

これは、心理学で「情報バイアス」と呼ばれています。[※]

情報バイアス

情報バイアスは、不要な情報でも、必要だと思い込み、とにかく数を集めてしまうことです。
かえって意志決定に苦しむだけです。

前述のように、明らかに不要な服を買い集めると、逆に苦労してしまいます。

楽しむか省エネかのトレードオフ

ずっと同じ服を着ることは、意志決定を省略できます。
しかし、ファッションを楽しむことはできません。

結局は、トレードオフの関係にあります。

デートの服選びから解放されれば、相手を喜ばせる計画が立てられるかもしれません。

もし「同じ服を着ている」と、誰かに言われたら、スティーブ・ジョブズの話をしても良いでしょう。
「わざと同じ服を着ている」と言い返せば良いだけです。
意図して同じ服を着ているのですから、恥ずかしいことはありません。

ルーチン化でマンネリを受け入れる

朝から意志決定をして、疲れるのは避けたいことです。
そのため、多くの人は、朝の行動をルーチン化させています。

重要なのは、朝食もルーチン化されていることです。

私たちは、毎日、同じパンを食べることができます。
考えてみると不思議なことです。

なぜなら、夕食は同じものを食べないからです。

ここに、ルーチンの隠されたメリットが存在します。

マンネリを防止せずに受け入れる

ルーチン化が良いのは、マンネリを受け入れることです。
まず初めに、退屈なことは、意志決定の段階で除外されます。

進んで退屈なことをする人は、いません。

しかし、ルーチン化すると、退屈なことでも受け入れてしまいます。
毎朝、同じパンを食べるのと一緒です。

また、朝の時間帯は、ルーチン化がしやすくなります。
そのため多くの人は、朝にルーチンを行います。

  • 朝のジョギング
  • 朝の勉強
  • 朝の部活動

これは、非常に強力な自己改革の方法です。
上手くルーチン化できれば、退屈でつまらない勉強もできるようになります。

朝の時間帯は、ルーチン化しやすいので、ぜひ試してみてください。

意思決定が疲れることを認識する

「意思決定が疲れる」というのは、ピンとこない人も多いでしょう。

例えばクルマなど、高額な商品を購入する場合だと、分かりやすいです。

高額な商品では「後悔したくない」という思いが強くなるので、意志決定が複雑になります。
販売員は、最初に高めのクルマをオススメしておいて、次にコストパフォーマンスの高いクルマを紹介します。
買う側の「後悔回避」を利用するのです。

そして、クルマを購入した直後、オプションの購入を奨められます。
カーナビやオーディオなどです。

あなたは、クルマを購入した段階で、意志決定に疲労しています。
疲れているので、本当にオプションが必要かを見極めることができません。

このような例は、頻繁に起こるので、注意が必要です。

毎日のように、細かい意思決定をすれば、大きな意思決定に匹敵するほど疲れます。
デートの服選びのように、回避できる疲労です。

ルーチンをしない人の特徴

心理学の研究によると、ルーチンをしない人の特徴があります。[※]

  1. 論文:The Effect of Purchase Quantity and Timing on Variety-Seeking Behavior

不思議なことに、「経済的に苦しい人ほど、ルーチンをしない」という研究報告があります。

この研究では、1週間、朝食の計画を立てるように求められました。
ほとんどの人々は、曜日ごとに違うヨーグルトを選択しました。

一方で、日々、朝食を選ぶように言われた人たちは、同じ種類のヨーグルトを選ぶ傾向にありました。
お気に入りを選んだのです。
つまり、計画を立てなければ、意外にもマンネリが苦にならないことを示しています。

この研究は、ルーチンをしない人に注目しました。
ルーチンの習慣がない人を調べたところ、経済的に苦しい人が多かったのです。

なぜ、経済的に苦しい人は、ルーチン化しないのでしょうか?

この研究では、その理由に仮説を立てています。
それは「普段、意志決定をしないため、小さな意志決定を好む」という仮説です。

つまり「意志決定をしなければ、意志決定をしたくなる」という行動です。

また、普段の生活をコントロールしていないとも考えられています。

上手く生活をコントロールできている人ほど、ルーチンに従うことができるのです。

すべて、ルーチン化すれば、今度はつまらなくなってしまうので、バランスが大切です。

五郎丸さんのルーティン

スポーツとルーティン

ラグビーの五郎丸選手がしていたルーチンを覚えていますでしょうか?
「五郎丸ポーズ」と言われ、ルーティンの言葉も流行しました。
バスケットボールの選手が、3回ドリブルをして、フリースローに挑むのも、ルーティンです。

いくつかの研究において、スポーツ選手のルーチンは、実際にパフォーマンスをアップさせることが分かっています。
集中力が上がるので、「手元が狂う」という事態を防ぎます。

自分でマインドコントロールをするのに、身体動作が必要なのです。

これは、ベッドで寝転がると、自然に眠くなるのと似ています。
身体が変化すると、「いつものように集中しないといけないな」と、脳が自動的に準備するのです。

これまでに紹介してきたルーチンと、五郎丸選手のルーチンは、違う性質を持っています。
前者は、意思決定を省略するためのルーチンです。

一方で五郎丸選手のルーチンは、集中力のために行う「儀式」です。

ジャンケンをする前に手を組んで、祈る人がいます。
ジャンケンのように、運で決まることに対して、ルーチン儀式は、意味を持ちません。

これは、科学的なルーチンではなく、単なる「げんかつぎ」です。

インプットをルーチン化しない方がよい

インプットをルーチン化するのは、注意が必要です。

朝の会社で、新聞を読んでいる人がいませんか?
新聞を読むのは、生産的ではありません。

新聞は消費の行動です。

消費するものに対しルーチン化すると、しなくても良い消費ができてしまいます。
つまり、新聞の場合だと、読まなくて良い内容まで、(ルーチン化してるので)読んでしまうのです。
これは、非効率です。

集中力が切れたとき、気分転換に新聞を読むぐらいで十分でしょう。

このように、何もかもルーチン化すると、悪い習慣になってしまいます。
ルーチン化には、正しい選択が必要です。

バランス良くルーチンを使う

バランス良くルーチンを使えば、作業効率をアップさせることができます。
さらに、退屈なことまで、できるようになります。

最大のメリットは、意志決定を省略して、他のことに労力を掛けられることです。
一日にできることは、限られていますので、ルーチン化することで、一日全体の効率をアップできます。

しかし、バランスは大切です。

何もかもルーチンに従えば、不要な行動を増やします。

また、スポーツのルーチンとは、性質が異なるのを知っておくと良いでしょう。
特定の動作は、集中力アップに有効です。

勉強をルーチン化させるには、朝の時間帯が適しています。
朝から意志決定をするのは、誰もが嫌だからです。

そして毎日、ルーチンを続ければ、マンネリを受け入れることができます。
毎朝、歯を磨くのと同じように、勉強にも取り組めるでしょう。