【優先順位の科学】どうして後回しにするか?

優先順位の科学&後回しを辞める

やるべきこと(タスク)をするには、避けて通れない問題があります。

  • 重要だけど、期限が長い仕事
  • 期限が短いけど、重要ではない仕事

この2パターンが問題を起こします。

とくに「重要だけど、期限が長い仕事」が要注意です。
なぜなら「後回し」をするからです。

この後回しは、期限の長いタスクで起きます。
例えば「夏休みの宿題」や「次年度の計画書類」などです。

考えて見ると、不思議な現象です。
期限が長ければ、その分だけ、効率の良い計画を自由に決められるからです。

それができないのは、私たち人間が持っている特性にあります。

彼は会社から帰った後、小説を書こうと決めています。
そして年内には書き終えたいと思っています。

しかし、優れた脚本のドラマが放映されていて、つい見てしまいます。
さらにLINE、ツイッター、インスタグラムのタイムラインを見ます。
さっきのドラマの感想をツイッターに書きます。

小説を書くのは、明日に決めました。

そして最悪なのは、あきらめてしまうことです。

心理学の視点から、このような「優先順位のトラブル」を説明します。

緊急性効果

心理学の研究は、緊急性(期限)と重要性が、どのように「後回し」を引き起こすのかを見つけました。
2018年の論文ですから、最近のものです。[※]

この論文のタイトルは、「単なる緊急性効果」です。
「単なる」とあえて書いてあるのは、驚くほど単純だからです。

人間は目の前の仕事が好き

単なる緊急性効果

前述の研究報告では、「緊急性」「重要性」「報酬」など、様々なパターンで実験が行われました。

報酬が低いタスクは、重要ではありません。
しかし、重要ではない仕事であっても、緊急性が高くなると、人々は積極的に行動しました。

この行動は、論理的ではありません。
緊急性が低くても、報酬が高い仕事を選ぶ方が合理的だからです。

このように緊急性は、合理的な判断を失わせます。

忙しい人ほど緊急を選ぶ

普段、忙しいと感じている人ほど、緊急性効果は強くなる傾向も見つかっています。
常に「緊急なものを選ばないと……」というプレッシャーがあるからです。

やはり人間には、余裕が必要です。

なぜ重要ではないのに優先するか?

これは古来の人間生活を見ると、簡単に理解できます。

古来の人間は、狩猟をして食糧を確保します。
明日は大雨が降って、狩りができないかもしれません。

そんなときに、道具の手入れをしている場合ではありません。
晴れているなら、今すぐ狩りをする必要があります。

道具が壊れれば、狩りができないので、メンテナンスも重要です。
しかし、それ以上に食糧がなくなるのは、危険です。

このように、緊急性は最優先されます。
緊急性がなければ、危険に対して無防備になるからです。

狩りをする前に狩りの練習をする余裕はありません。

マーケティングで使われる緊急性効果

緊急性効果を利用したマーケティングは、身近にたくさんあります。

本日限りのセール
24時間以内に申し込むと割引
残り在庫わずか

このように緊急性を追加するだけで、私たちはプレッシャーを感じます。
そして冷静な判断を失います。

重要でなくても、緊急性を優先してしまいます。

後回しを辞める方法

前述の研究が示すように「重要だけど、今すぐやらなくて良い」というのは、難しい意志決定です。
人間の本能に逆らう必要があります。

それでは、「後回しを辞める方法」は存在するのでしょうか?

緊急性効果を意識する

ひとつは、先ほどの「緊急性効果」を意識することです。
緊急性効果は、合理的な判断を邪魔します。

計画を立てる前は、冷静になって未来を見てください。

  • 「もし、この行動をずっとしなければ、どうなりますか?」
  • 「もしくは、行動をすれば、どうなっていますか?」

この2つを自ら問いかけることで、合理的な判断ができます。

人間は本能に従って、自動的な意思決定をします。
自動の意志決定は、合理的ではありません。

緊急性を除外して判断する

行動を選ぶ前に、緊急性を除外してください。
緊急性を除外したときに、正常な判断ができるようになります。

タスクを小分けにする

タスクを分割して緊急性効果を利用する

大きな目標を達成するには、タスクを小さく分けるのが一番です。

この方法は、「緊急性効果」を逆に利用しています。
例えば夏休みの宿題を、毎日するのと同じです。

タスクを小分けにすると、ひとつのタスクに緊急性ができます。
つまり、納期が短くなります。

なるべく日々のルーチンにして、小さな目標を達成してください。
(大きな目標を見ないようにします)

環境を制限する

スマホを別室に置くだけで、スマホを制限できます。
同じように、テレビやゲームなどの娯楽を遠ざけてください。

「日曜日だけ」といった時間制限も有効です。

何もない部屋に閉じ込められると、嫌いなことですら、自らやるようになります。
小説家や脚本家などが、ホテルにこもって仕事をするのと同じです。

緊急性が高くて、重要でない仕事をやめる

最後に「緊急性が高くて、重要でない仕事をやめる」という方法があります。
単に辞めるのも良いですが、外注するという手があります。

例えば、ルンバのようなロボット掃除機を購入することで、掃除の時間を減らせます。

緊急性効果に勝つ

緊急性効果に勝つのは、非常に難しいことです。
しかし、上記のような方法で、いくつか対抗できます。

緊急性効果は、人間の本能です。
本能に従って生きれば、同じく本能のまま生きている人と同じになります。

頭ひとつでも抜き出るためには、この緊急性効果に打ち勝つ必要があります!