「ざまあみろ」の感情とは? 研究から判明した正体

「ざまあみろ」その感情とは?

他人の不幸は蜜の味」という「ことわざ」があります。
ざまあみろ」という感情です。

ドイツ語では「シャーデンフロイデ」と言います。

他人の不幸を喜ぶ「シャーデンフロイデ」の感情は、恥ずべき感情です。
人間は社会的な生き物なので、このような感情は受け入れられません。
コミュニティを崩壊させる危険があるからです。

このように、社会に対し、害を与えるような感情を「恥ずかしい」と思うのですから、人間はよく進化できています。

この「恥ずかしい」という感情や嫌悪感は、どこから来ているのでしょうか?
私たちは、これが性格にあると信じています。

他人の不幸を喜ぶことに対し、「この性格を直したいなあ」とか「自分は最低だなあ」などと思ってしまいます。
これは正しいのでしょうか?

また、この悪い感情を辞めることはできるのでしょうか?

「ざまあみろ」の感情は本能から来ている

ざまあみろ」の感情はどこから来ているのでしょうか?
心理学の研究を見てみましょう。

以前の研究では、4歳児でも「ざまあみろ」の感情を持つことが分かっています。[※]

さらに後の研究では、2歳の子どもにさえ、「ざまあみろ」の感情が見受けられることが見つかっています。[※]

そして2013年の研究では、わずか9ヶ月の子どもに、この感情の兆候が見つかりました。[※]

こうなると、「ざまあみろ」の感情は、人間の本能だと疑う余地がありません。
環境や性格によって、どのように差が出るのかは不明ですが、もとから備わっている感情だと分かります。

相手に心を読まれるのを嫌う

牢屋のイメージ

自分の心を読まれるのは、誰もが怖いはずです。
人間は社会的な生き物なので、当然でしょう。

人間以外の動物も同じです。
心を読まれてしまっては、狩りができないだけでなく、捕食者から逃げることができません。

この「相手に心を読まれる」という嫌悪感が、社会的な生き物では、「恥ずかしい」という感情に進化しました。

つまり、モラルがなければ、社会が成り立たないのです。
このモラルを保護するために、「恥ずかしい」という感情があると考えられます。

ざまあみろが生まれる条件

ざまあみろの感情が生まれる条件

ざまあみろ」という感情が生まれるには、3つの条件があります。

  • 重大でないこと
    他人が大きな不幸に見舞われたときには起こりません。
  • 自分で手を下さない
    自分で相手をおとしいれるときは、起こりません。
  • 友好的でない関係
    相手との関係性が、友好的な場合には起こりません。

あなたは、嫌な上司がコーヒーをこぼしたとき、内心で微笑むかもしれません。
この感情は、軽微なことで起こります。

また、自ら手を下したときも、この感情は起こりません。
間接的な状況で発生します。
ですから、復讐心とも違う感情です。

ざまあみろは快楽の信号

以前の記事で説明したように、人間は、他人の不幸を喜ぶようにできています。[※]

ざまあみろ」という感情は、「他人の不幸を喜ぶ」という脳のシステムだったのです。
知られたくない感情であっても、脳をスキャンすれば、快楽を感じていると分かります。[※]

「恥ずかしい」とは何か?

そこで、あらためて「恥ずかしいとは何か?」という疑問が起こります。

私たちは「ざまあみろ」を経験したとき、「」という感情はありません。
実際に「ざまあみろ」と思ったときは、脳が快楽を感じています。

他人に知られるとまずいので、「恥ずべき感情」というレッテルを貼っているだけです。

「ざまあみろ」の感情を辞めるのは難しい

前述のように、「ざまあみろ」の感情は、本能的です。
人間に限らず、脳のある動物は、危険を避け、快楽を探します。

「ざまあみろ」と思ってしまうこと自体、人間的なものなので、受け入れるしかありません。
ある意味、人間的な感情と言えます。

共感する

ひとつ、できることがあるとすれば、相手に共感することです。
相手が自分と同じグループであれば、この感情は起こりません。

仲間と敵。
そう言えば大げさですが、共感できるグループにいれば安全です。

社交的と紙一重

社交的になる」ということは、「他とは違うグループを作る」ということです。
グループを作ることで、他人を排除しています。

意地悪な言い方ですが、皮肉なことです。
社交的という言葉には、このように理不尽な面があります。

社交的でない人は、他人を悪く思っている」というのは、勘違いだったのです。

気にする必要はない

結局のところ、「ざまあみろ」という感情は、気にしなくても良いでしょう。
私たちは、この感情を誰もが持っていると、理解するだけです。

心理学者のように、人間の性質を理解したい人にとって、シャーデンフロイデは、あくまで研究対象です。
「ざまあみろ」の感情を持ったからといって、自分を責めたり、落ち込む必要は全くありません。