サークル・教室になじめない人の特徴と改善方法

サークルやスクールになじめない!克服する方法

サークルや教室になじめない人の改善方法を解説します。
頭の中では、どのようなことが起こっているのでしょうか?

あなたは、テニス教室に体験入学しています。
初めてテニスラケットを握るので、非常に不安な気分になります。

周囲の人たちは、テニスの初心者です。
初めてテニスラケットを握る人も多いはずです。

ゆっくりとしたボールを打ち返す練習が始まります。
あなたはのラケットは、全くボールに当たりません。
先生は笑っています。

後ろの人たちも、笑っているように思えます。

テニスの体験よりも、恥ずかしい体験だけが記憶に残ってしまいました。
もう二度と体験入学をしたいと思いません。

このストーリーは、実際によく起こります。
他人の目線が気になって、その場から逃げたくなります。

しかし実際は、誰もあなたを見ていませんでした。

2つのバイアスが思い込みを生む

冒頭のようなストーリーは、子どもの頃の経験に引っ張られます。
体育の時間で恥をかいてしまい、その後は体育そのものが嫌いになります。

しかし、テニス教室のストーリーは、周囲も初心者です。
重要なのは、他人が恥をかいても、あなたは気にしないということです。

しかし、自分が恥をかいたときだけ、周囲が笑っているような感覚になります。
これには、認知バイアスという心理効果が影響します。

認知バイアスは、誰もが持っている脳のクセです。
この場合では「笑われている」という錯覚です。

実際は「笑われていない」にも関わらず、あなたの認知の世界では、「笑われている」に変換されるのです。
過去にそのような経験があるため、客観的な判断ができないからです。

思い込みを生むバイアス

確証バイアス

ひとつ目は、確証バイアスです。
この確証バイアスというのは、非常に強力な作用があります。[※]

有名なのは、血液型診断です。
これは、偏見と差別を生む可能性もあって、科学ではしっかりと否定されています。
「血液型が意志決定を変える」という科学的な根拠はありません。

それにも関わらず根強いのは、確証バイアスがあるからです。
他人の性格は、簡単な方法で判断することができません。

いくつか当てはまっているだけで、確証を得るのです。
一番不幸なのは、悪い診断を信じて「自分はそういうもの」と、思い込んでしまうことです。

嫌なことは受け入れない

確証バイアスが強い理由は「自分の気に入らないことを受け入れない」という人間の性質にあります。

有名な脳科学の実験があります。[※]

これは、事実を知ったときに、人間の脳がどのように変化するかを調べた研究です。
それが気に入らない事実だった場合、脳は「脅威と不安」に関する脳領域が強く反応しました。

信念に反する情報は、人に不安と脅威を与えます。
こうして人は、都合の良い情報を真実として、受け入れていくのです。

少数の法則

もうひとつの認知バイアスは、「少数の法則」です。

コインのオモテ・ウラを当てるゲームをすると、最初はどちらかに片寄ります。
しかし、数百回投げることで、オモテ・ウラが50:50に近づきます。

初期の頃は、数少ない回数しかコインを投げていません。
この段階で、脳は法則があると判断します。

つまり、コインのオモテがよく出ているなら「オモテにツキがある」という判断をします。
実際は、2分の1の確率です。

このように、少数の経験だけで、それを法則化するのが人間の脳です。[※]

あなたは笑われていない

冒頭のテニス教室のストーリーに戻ります。
こういったネガティブな体験をしてしまうと、やはり経験に思考が引っ張られます。

脳が少数の経験を、法則化するからです。

自分が他人を気にしないように、他人は自分を気にしません。

もし、本当に笑われたとしても、それは滅多にないことです。
明らかに相手側に問題があります。

裁判で、加害者が被害者に、暴言を吐くようなものです。
社会的に、あなたは安全な立場にいます。

改善方法「未来の記憶を変える」

認知バイアスを知ることで、いくらか「恥ずかしい」という感情に抵抗することができます。
しかし、それだけで克服するのは難しいでしょう。

そこで、科学的な良い方法があります。

それは、未来の記憶を変えることです。

ポジティブな予測が記憶を変える
この画像をツイートする

ポジティブな未来を予測すると過去が変わる

「未来の記憶を変える」というのは、矛盾しているように思えます。
しかし、心理学の研究は、それが実際にあることを示しています。

この研究報告の名前は、「ポジティブな見通しは、バラ色の過去を作る」です。[※]

何かをする前に、ポジティブで良い結果をひたすら想像します。
そうすることで、その体験が終わったあとの記憶が変化したのです。

ポジティブで良い結果を想像したグループは、体験後の記憶も、ポジティブな記憶に変化しました。

これを利用しない手はありません。

ポジティブな見通しは、未来の記憶を変えることができるのです。

したがって、何かをする前には、肯定的な見通しを想像した方が得です。

冒頭のテニス教室の例では、「恥ずかしい経験」をしました。
しかし、テニス教室の前に、ひたすらポジティブなことを想像していれば、その経験自体を変えることができます。

そして、これも認知バイアスのひとつです。
簡単な心理的トリックですが、より良く人生を楽しむ方法として、お役立てください。

タイトルとURLをコピーしました