「自分の意見がない人」の意外なメリット、デメリット

自分の意見を持ちなさいは正しいですか?

私たちは、子供のころから「自分の意見を持ちなさい」と言われてきました。

相手に流されることで、人生の大切な「時間」や「お金」を、搾取(さくしゅ)されることが心配なのでしょう。
これは正しいと言えます。

一方で、「自分の意見を持つべき」という「〜すべき」の思考は、理想に囚われがちになり、ストレスにもなります。

「自分の意見がない人」の意外なメリット

「自分の意見を持たなければいけない」

これは、絶対的に正しいでしょうか?
悩みが多かったり、人生に行き詰まっている人は、「〜すべき」という思考に固執しがちです。

そもそも、みんな自分の意見を持って生きているのでしょうか?

人は、自分の意見だと信じ込んでいる

自分の評価は、前の人の評価をコピーする

心理学の研究です。
隣人の驚くべきアドバイス」という研究報告があります。[※]

この研究は、「私たちが自分の意見を持ってないかもしれない」ということを示唆しています。

実験の参加者は、男女でデートを行います。
デートは1回ごとに、パートナーが変わります。女性はデートの後、男性に対して評価をします。
ここからが実験のポイントです。
女性側は、次のパートナーに会う前に、前の女性が評価した内容を見ることができます。
つまり、前の評価を参考にできるのです。

上記の実験内容で分かるのは、他人の評価がどのように影響するかです。

実験の参加者らは、前の評価をコピーしていました。
他人の評価と(驚くほど)類似していたのです。

しかし、聞き取り調査をすると、全くその意識がありませんでした。

つまり、自分の評価だと思い込んでいたのです。
そうにも関わらず、聞き取り調査では、「他人の評価より、自分の評価が正しかった」と言うのです。

好きな人の友達は大切な隣人

少し話が脱線しますが、上記の研究報告を見ると、恋愛について気になることが出てきます。

それは「好きな人の友だちも、大切にしなければいけない」ということです。
友だちの友だちは、敵であってはいけません。

なぜなら、友だちの評価は、本人の評価に返って来るからです。

自分の意見は周りで作られる

前述の研究は心理学ですが、脳科学でも同じような事例があります。

人間の脳は、勝手に情報を補っていくものです。
しかし、当の本人は、自分の意志だと勘違いしています。

このような研究報告を見るたびに、「自分の意見なんてないかもしれない」と思います。

そうであれば、無理に自分の意見を持つことは、ラクな生き方ではありません。
いっそのこと、他人の意見に流されて、ストレスを受けない生活を送る方が良いでしょう。

自分の意見を無理に持たないメリット

無理に自分の意見を持つと、心に余計な負担を掛けてしまいます。
「〜すべき」思考の悪い副作用です。

そのうち、「意見を待たない自分」を、排除するようになります。
他人への批判が悪いように、自分への批判は、心にダメージを与えます。

結局、自分を嫌いになることに加担します。

流れに乗る生き方

ハンモックで本を読む人

「〜すべき」という思考は、余裕がない状況を生みます。

そして、このような思考癖があると、狭い道を歩いてしまいます。
人生には、余裕が必要です。

むりやり流れに歯向かっても、披露するだけでなく、それが正解かどうか、ずっと悩むことになります。
そうであれば、大半のことは流された方が良いのです。

良い流れに乗るコツ

良い流れに乗るには、どうすれば良いでしょうか?
誰もが言うように、行動が一番です。

失敗を恐れずに行動する」というアドバイスは、役に立ちません。

行動しない理由は、何となく動かないからです。
これを防ぐには、決断のスピードを速めることです。

すべての決定を1秒以内にしてください。

これを心がけるだけで、はるかに行動できる人間に生まれ変わります。

意志決定を先延ばしするほど、行動ができなくなるからです。

批判的な思考をなくすことができる

「自分の意見がない人」は、「批判的な思考をなくすことができる」というメリットがあります。

他人の思考を受け入れることで、他人に対する批判的な思考をやめることができるからです。

他人の意見を認めない思考だと、どうしても相手を下に見てしまいます。
これでは、悪い心理スパイラルに陥ってしまいます。

自分の意見がない人は、必要以上に相手の領域を踏まない人です。
少し無関心がちになりますが、赤の他人にまで、なりふり構わず自分の意見を主張する必要はありません。(その生き方はずっと辛いです)

無理に意見を求めない

他人にムリヤリ意見を求めるのも、よくある間違いです。

例えば会議の場で、新入社員に無理な意見を求める人がいます。
結局、意見も採用されず、「意見を言う=失敗」として、学習してしまいます。

とはいえ、経験のない新入社員の意見は、バイアスがないので貴重な意見になる可能性もあります。

会議のような場ではなく、気軽に聞けば良いのです。
たったそれだけのことです。

もちろんデメリットもあり

もちろん「自分の意見がない人」には、デメリットもあります。

やはり、個性は魅力です。

多少ワガママであっても、多少性格がひねくれていても、正直で素直である限り、その人には魅力があります。

嫌われることを避けすぎると、逆に人は寄ってきません。

コミュニティは、似たもの同士で輪を作ります。
誰からも嫌われないように振る舞うと、かえってコミュニティが成立しません。

オープンではなく、鍵が掛かっているものこそがコミュニティの本質です。

コミュニティを作りやすい現代社会

のんびりスマホをいじる女性

現代社会は、インターネットの発展により、コミュニティを作りやすい時代です。

学校のクラスだと30人程度ですが、その人数では、変わった意見を持つ人が複数集まることは不可能です。

会社や近所付き合いだと、さらに人数は少なくなります。

昔は、東京などの大都市に限り、「とがった意見を持つ者同士が集まりやすい」という地の利がありました。

しかし、現代社会にはインターネットがあります。
これにより、コミュニティの作りやすい環境に変わりました。

ですから、SNSを活用するのも良いでしょう。

今は昔よりも、自分の意見を大切にすることができる環境です。
こうして多様性が進み、社会はよくなる可能性があります。

いずれにしても、自分の意見を持つことは、その人の魅力です。
しかし、そこに固執しないでください。
すべてに自分の意見を持つ必要はなく、流れに身を任せるのも良いでしょう!