ウォーキングはダイエットにならない!?研究報告はあるけど実際は…?

ウォーキングは ダイエットになりますか?

ウォーキングにダイエット効果はありますか?
体重を減らしたいひとにとって、気になる質問です。

ブリガム・ヤング大学(アメリカ)の研究報告によると、ウォーキングはダイエットになりませんでした。[※参考文献1]

研究者らは、大学の新入生に歩数計をつけて、体重の変化を調べました。
期間は半年間、以下のグループに分けられています。

・1日、10,000歩の学生
・1日、12,500歩の学生
・1日、15,000歩の学生

一日一万歩を超えると、体重が減るかどうかを調べたのです。

結果は、余計に歩くことで体重減少の効果は、見つかりませんでした。
他の生徒と同じように、体重が増えたのです。

学生の時期、体重が増えるのは、一般的です。
余計に歩いても、体重に差がなかったのです。

ウォーキングはダイエットになるか?

別の研究報告によると、歩数の多いひとは、少ない体重と、少ない肥満度でした。[※参考文献2]
どちらが正しいか?」という問題ではありません。

ダイエットは、単純です。

  • 一日の消費カロリー 一日の摂取カロリー → 体重が減る
  • 一日の消費カロリー 一日の摂取カロリー → 体重が増える

たくさん食べても太らない」という人は、そのように見えるだけです。
結局、どこかで食べる量を調整しているのです。[※]

  • まれなケースでは、代謝がよすぎる人が存在します。

ウォーキングのカロリー

体重58kgの人は、1時間歩くと、183kcalを消費します。
以下のサイトで計算できます。

1時間歩けば、ちょうどポッキーを1袋分[※]食べても、プラスマイナス0になります。

  • ポッキーは、1箱に2袋入っているので注意。

1万5千歩で458kcal

1万5千歩あるくのに、だいたい2時間半かかります。

したがって、大まかに計算をすると、約458kcalの消費量です。
これは、朝食と同程度のカロリーです。

このように考えると、ウォーキングでダイエットすることは、可能と言えます。

ウォーキングは継続できる点で有利

ジョギングは、1時間で430kcal程度のカロリー消費量です。
これだけのカロリー消費をするには、ウォーキングだと2時間半程度かかります。

どちらがラクでしょうか?

1時間のジョギングは、かなり疲れます。
途中でつらくなります。
しかし、ウォーキングの2時間半は、肉体的にも精神的にもラクな部類です。

日常生活で歩く量を増やすだけ

ウォーキングの利点は、ラクなことです。
そして、日常生活に取り入れることができます。

  • 通勤・帰宅時、2駅前で降りる
  • エレベーターを使わない
  • 犬の散歩をサボらない

日常生活で、簡単に歩く量を増やすことができます。
さらに、「継続しやすい」という大きなメリットがあります。

ダイエットの天敵は、モチベーション(飽き)です。

体への負担が小さいウォーキング

ジョギングや登山は、関節に負担が掛かります。
腰痛などの持病があると、日常生活に影響が出てしまいます。

ウォーキングのメリットは、関節への負担が少ないことです。

水泳は体への負担が小さく、カロリーを消費できる

関節への負担がなく、カロリーを最も消費できるのは、水泳です。
水泳は、気持ちがいいので、気分もよくなります。

精神的な負荷も少なく、効率的にカロリーを消費できます!

カロリー消費の王様は縄跳び

なわとびは、道具さえあれば手軽にできます。
なわとびのカロリー消費量は、体重58kgのひとが1時間で700kcal以上を消費します。

ウォーキング1時間 = なわとび15分

ウォーキングの約4倍、効率がよいです。
しかし、非常に疲れるのと、途中でつらくなります。

体重計に乗ってください

普段から体重を計ることは、ダイエット成功と強く相関します。[※参考文献3]

自分の体重が「減少傾向にあるのか」「増加傾向にあるのか」を知ることが大切です。
減少傾向にあれば、そのままで問題ありません。

増加傾向にあれば、お菓子を減らしたり、食事制限、今より多くの運動をしてください。

運動でのダイエットは、強い意志と大きな努力

たくさんの研究報告を分析した結果、運動を増やしても、ダイエットには大して貢献できないことが分かっています。[※参考文献4]
分析によるレビューですから、強い裏付けです。

これは「相当な努力をしないと、運動で痩せるのは難しい」という結論になります。
「運動で頑張ったのに、食事も制限する」というのは、本当に大変で難しいです。

私たちは、ラクに痩せる方法を探しますが、それは無理な話でした。
サウナで汗をかいても、体重減少にはなりません。

必要なことは、カロリーを消費し、カロリーを余分に摂取しないことです。
そのように考えると、ウォーキングは比較的ラクにカロリーを消費することができます。

ただし、歩いてお腹が空いたからといって、余計にお菓子・ジュースをとらないでください!

参考文献

  1. 10,000 steps: Not quite magical when it comes to weight
  2. Step-Based Physical Activity Metrics and Cardiometabolic Risk
  3. Consistent Self‐monitoring of Weight: A Key Component of Successful Weight Loss Maintenance
  4. Physical activity, total and regional obesity: dose-response considerations
スポンサーリンク

記事がアップされたらブラウザで通知!

生活
旅レンズ