鏡を見ないとどうなる? 鏡を見る行為とは何か?

鏡を見る行為とは何ですか?

を使うのは、人間だけです。
人間は、他の動物と違って、鏡がないと生活できません。

動物でも、水たまりには、自分の顔が映るはずです。
私たちは、動物が水面で自分を確認したり、自己認識に使っているのを見たことがありません。

しかし、動物も容姿は重要です。

ライオンのたてがみ、シカの角、クジャクの羽。
これらは、オスが強さをアピールするシグナルに使われます。

つまり、モテる要素です。
勇猛果敢(ゆうもうかかん)な自分を見せようとしているのでしょう。

そうであれば、自分の姿を確認することは、動物でも役に立つはずです。

また、あまりにオスが派手だと、絶滅の可能性が高いのは、皮肉なことです。[※]

メスにもアピールできますが、外敵にも見つかりやすいからです。

クジャクの羽は、色も派手です。しかし、動物は人間と同じ視覚を持っていません。
そのため、人間が見るよりも地味な色で、見つかりにくい特性があります。
一部の派手な動物が、絶滅していない理由のひとつです。

さて、鏡を見るという行為は、何なのでしょうか?
また、「鏡を見ないとどうなるのか?」について解説します。

クジャクの羽が派手なのは オスだけ。

鏡を見ないと、どうなる?

1週間、鏡を一切見ない」という実験をした人がいます。[※]

他に似たような文献もありますが、それらは結果も似ています。

最初は、自己肯定感が満たされ、幸福感が上昇します。
しかし、わずか数日で、他人との接触を避けるようになったのです。

そして、社会的な生活がなくなりました。

人は、必ず対面のコミュニケーションを取る際に、鏡を見ます。
自分が「どんな状態なのか?」を確認するためです。

これは、シミュレーションです。

鏡を見ているあなたは、他人になりきって、シミュレートしているのです。
あなたがどのように見えているのか?」を確認するためです。

実際の見た目と違うことに注意

鏡を見ることは、対面のシミュレーションです。
しかし、注意が必要です。

鏡は、左右反転しています。

そして、ほとんどの人は、相手の左側を見ます。[※]

  • これは右利きの人に当てはまります。(つまり大多数です)

パソコンの画面でもそうですが、右側を最初に見る人は、少数です。

鏡は左右反転しているので、実際の見た目と「かなり」違うように見えるのです。
私たちに、「鏡と現実がそこまで違う」という認識がないので、鏡の自分を信じてしまいます。

実際は、カメラとモニタで映した方が、シミュレーションとして、正確な結果が得られます。

これは、一部の人が写真を嫌う理由のひとつでもあります。

  • 「写真うつりが悪い」

これは、鏡で見慣れた自分とのギャップです。

人は左側を重視します。

鏡を見る行為とは何か?

前述のように、鏡を見ることは、対面のシミュレーションと言えます。
コミュニケーションを取るために、鏡が必須なのです。

他には何があるのでしょうか?

相手の心を読むため

冒頭の動物の例には、続きがあります。
科学者らは、鏡を使って、「どんな動物が自分を自分だと認識できるか?」という実験をしています。

いわゆるミラーテストです。

2018年には、ホンソメワケベラという小さな魚が、自己認識できると判明しています。

意外なことに「パンダ」や「アシカ」は、自己認識が苦手なようです。
つまり、脳の大きさは、関係がありません。

ちなみに人間の赤ちゃんは、20ヶ月ほどで自己認識ができます。[※]

  • 20ヶ月までは、「違う赤ちゃんか、別の何か」という認識をします。

心を読む動物が自己認識できる

自己認識が必要な理由のひとつで、科学者たちが提唱する強力な理論があります。
それは「心を読む必要がある」という共通点です。

ホンソメワケベラは、社会的な魚です。
パートナーにエサを与えたり、他の魚の寄生虫を食べます。

「心を読む」というと、超能力だったり、心理戦を想像します。
しかし実際は、誰もが常に行う行為です。

社会的に生きるため、「相手の気持ちを察している」のです。

恥も、心を読む行為

私たちは、誰かと会うのに、「恥ずかしいから」という理由で鏡を見ます。

ここで、恥について考えてみましょう。

恥とは、「相手がどう思っているか」という思考から生まれます。

そのため私たちは、相手の思考を勘違いすることが多々あります。

  • 「相手はそう思っているに違いない」

これが「相手の心を読む」という行為なのです。

恥は、相手の心を読むからこそ、生まれる感情だったのです。

恥という人間的な行為を、動物の世界に落とし込むと、単純明快です。
社会的だからこそ、相手の心を読む必要があり、そのために自己認識が必要だったのです。

「恥ずかしい」という気持ちは相手の心を読むことから生まれます。

真実の鏡がある

研究では、嘘をついた3歳〜4歳児に、鏡の前に立ってもらうと、本当のことを言う確率が大幅に高くなりました。[※]

嘘をつく自分に嫌悪感があるのでしょうか?
鏡の前では、正直者になったのです。

鏡を見ることは、ナルシストではない

私たちは、鏡をよく見る人のことをナルシストだと感じます。
それは本当でしょうか?

ナルシストとは、過度に自画自賛する人です。
確かに、鏡を見るたびに「自分はイケてるなあ」と思う人には、ナルシストが当てはまります。

しかし、そうでない人もいます。
多くの人は、対面のコミュニケーションに不安があるからです。

不安が強い人は、対面を増やす

鏡を見ることで、自己批判が強くなる可能性があります。
これは、自分が「自分の理想とする姿と、かけ離れている」という理由です。

これでは、対面への不安が強くなります。

しかし前述の実験結果のように、鏡から完全に離れると、今度は対面ができなくなります。

ですから、ここは対面を増やすのが得策です。

つまり、「あなたの見た目は、何にも影響しない」という事実と経験を増やすのです。
もっと簡単に言うと、「慣れ」や「耐性」です。

「悪く見られたかも」という無意味な心配をするより、「人と会って良かった」というポジティブな経験に目を向けてください。

最後に注意点

鏡は、気分を良くしたり、逆に気分を悪くすることができます。

鏡を使うのは、「他人と比較する」というより、対面のシミュレーションとして使われるのです。

他人と比べることについては、以下の記事をご参考ください。

「他人と比べる」のを辞める方法はひとつだけ!比較にはメリットも。
他人との比較は悪い? それとも……。

ただし、対面のシミュレーションは、相手と自分の感覚が一致する必要があります。

私は20代のころ、鏡の前で着る服に迷っていました。
ファッションセンスがないのを恥ずかしいと思っていたからです。

しかし、恥という感情は、相手の心を正しく読めることが前提です。

自分がイケてると思っても、相手には、変に見えることがたくさんあるのです。

このような感覚を磨くには、とにかく経験を増やすことです。
何度も街に出て、周りを観察します。

経験がないのであれば、専門家(服ならアパレル店員)に選んでもらうと早いです。

いずれにしても、他人の心を読んだり、他人の感覚を身につけることは困難です。
そうであれば、鏡を見るのは、ほどほどが良いでしょう!