「そうなると思った」後知恵バイアス(後見バイアス)とは?

後知恵バイアス(後見バイアス)

後知恵バイアスとは、予測不能なできごとに対して、予測できるように錯覚することです。
これは、有名で強力な心理バイアスです。

人は、ある出来事に対して、すべて予測できるような錯覚をします。
しかし、実際には、推測ができても、確実な予測は不可能です。

嫌な予感がしたんだよね。

これは典型的な後知恵バイアス(後見バイアス)と言えます。

後知恵バイアスの特徴は、出来事のあとに、出来事の前を(強く)思い出すことです。

終わったことは「どうにもできない」という事実に対して、次は「どうにかしたい」という学習の本能なのでしょう。

後知恵バイアスの悪い例

後知恵バイアスがあると、人はどんな影響を受けるのでしょうか?

例えば、クルマの教習にある筆記試験です。

交通ルールは、常識的です。
そのため、試験を受ける前は「これ以上、知らないことはない」と思い込みます。

しかし、実際の試験では、予想よりマークシートの回答が多いのです。
この回答は違う」という知識を得ていないため、混乱することがあります。

もちろん、自動車教習以外の試験でもよくあります。
「引っかけ問題」と言って、問題を出す側の良識を疑いますが、実際は、自分の勉強不足もわずかにあるのです。

後知恵バイアスは、自信過剰を誘発します。

自分は、知っていると思い込むので、実際の試験で戸惑います。

○○だから、○○の目に会う

後知恵バイアスは、人を傷つける場合があります。

  • そんな友だちと付き合うから
  • 気が緩んでいるのではないか?
  • そんな格好をしているから

こういうことを言う人は、「自業自得だ」と、言いたいだけです。
しかし、いかにも論理的に聞こえます。

後知恵バイアスによって、知っていたかのように振る舞うのです。
こうなってしまうと、思考が止まり、本当の理由にたどり着けません。

根拠がないにも関わらず、被害者を傷つけることさえあります。

後知恵バイアスは、不当に人を傷つけることがあるので、気をつけなければいけません。

映画の真犯人

映画や小説には、後知恵バイアスを使った手法が隠されています。

まさか、あの人が真犯人だったなんて。

ミステリー映画の醍醐味です。

あなたは、映画が終わったあと、真犯人の登場シーンを強く思い出します。
また、真犯人のちょっとした行動がヒントだったと気づきます。

後知恵バイアスの特徴にもあるように、結果(真犯人)に関するイベントが呼び起こされるのです。

どうして気づけなかったのか」というのも、後知恵バイアスです。
もともと映画は、そのように作られています。

真犯人がバレるのだけは、どうしても避けたいのが監督の意図です。

しかし、ヒントがなければ、視聴者は納得しません。
映画の制作者は、非常に上手く、後知恵バイアスを利用しているのです。

後知恵バイアスの悪い影響を受けた例

前述のように、後知恵バイアスは、自信過剰を誘発します。

もうひとつ悪い影響があります。
それは、真実にたどり着ける道を、邪魔することです。

2000年の7月、コンコルドという高速旅客機が墜落しました。[※]

事故原因は、別の旅客機が整備不良によって、滑走路に金属部品を落としたせいです。

しかし、真っ先に疑われたのは、コンコルドのエンジン部品や、テロの疑いです。
とくに墜落した機体は、エンジンの部品を離陸前に交換し、出発が遅れていました。

後知恵バイアスの特徴は、過去を強く思い出すことです。

最もアクセスしやすい記憶は、固定概念を作ります。
後知恵バイアスによって、全く別の要因を探すことが難しくなったのです。

この事故があってから、「コンコルドは事故が多かった機体」という思い込みが見受けられます。

これも心理バイアスのひとつです。

コンコルドは、機体数が少なく、飛行時間も少ないため、たった1回の事故(しかも他の飛行機が原因)で、「事故率が高い」という汚名を着せられました。

後知恵バイアスの良い影響

後知恵バイアスの悪い影響のひとつは、自信過剰です。

しかし、自信過剰は、あなたの味方をすることもあります。
自分を過大評価することで、実際に能力を発揮することができます。

▼自信過剰と能力の関係は、以下の記事にて詳しく説明しています。

能力が低いのに、プライドが高い人には理由があった【研究】
うぬぼれの心理学

人は、適度に自信がなければ、あきらめてしまいます。

後知恵バイアスを防ぐ方法

後知恵バイアスについて、詳しい心理学の研究報告があります。[※]

この論文には、前述したコンコルドの例も載っています。

また、少しでも後知恵バイアスを防ぐ方法が書かれています。

起きなかった出来事を考える

後知恵バイアスを防ぐには、起きなかった出来事に注目します。

なぜなら、起きた出来事に注目すると、真っ先にアクセスしやすい記憶を思い出すからです。
思い出した時点で、探すことを辞めてしまうのです。

これを防ぐために、起きなかった出来事を探します。
起きなかった出来事が、どのようにして起こる可能性があるか?」と考えたとき、後知恵バイアスを軽減することができます。

起きた出来事ばかりに注目すると、別の要因を見つけようとしなくなります。

そうはいっても、後知恵バイアスは、非常に強力です。
完全に取り除くことは、できないでしょう。

知っていたように振る舞う人々

予測が当たるほど、気持ちの良いものは、ありません。
だからこそ、過去の記憶を掘り起こし、すべて予測できると信じ込みます。

度が過ぎると、どうなるのでしょうか?

雨女、雨男を信じるように、間違った信念を持ってしまいます。
こうして根拠のない判断材料を、意志決定に入れてしまうのです。

それは、あきらかに遠回りの人生です。

そうなるだろうと思っていたよ。

起きた後だからこそ、言えるセリフです。

過去を追求するより、一緒に未来を考える方が、はるかに有意義なことです。