ダニング=クルーガー効果とは? 特に誤解された心理バイアス

ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果とは、能力が低い人ほど、自分を過大評価するという人間の心理傾向です。

逆に、能力が高い人は、自分を過小評価します。
トップアスリートや、ノーベル賞の科学者でさえも、謙虚な言動をよく目にするでしょう。

ダニング=クルーガー効果は、もともと有名な心理バイアスでしたが、最近になってビジネスの記事や、セミナーでも見かけるようになりました。

ほとんどの場合、このバイアスは、悪い心理傾向として紹介されています。

しかし、それは間違いです。

心理バイアス集」第一回目は、この誤解されやすいダニング=クルーガー効果について解説します。

ダニング=クルーガー効果とは?

ダニング=クルーガー効果の自己評価グラフ

この図のように、人間は「実際の評価」が低い人ほど、「自己評価」が高い傾向にあります。
スキルが低いグループは、自分の能力を平均以上だと思い込んでいるのです。

しかし、能力のあるグループになると逆転します。
実際の能力よりも、低く見積もるのです。

  • 能力の低い人ほど、他人より優れていると思い込む
  • 能力の高い人ほど、自分はまだまだ未熟と思い込む

このような心理傾向は、人間なら誰にでもあります。

また、ジャンルは問いません。
スポーツ、学問、仕事、笑いのセンスにおいても見られる傾向です。

この心理傾向を発見したのは、アメリカの心理学者ダニングとクルーガーです。
二人の名前から、ダニング=クルーガー効果と名付けられ、世の中に広まりました。

自己評価が高いのは悪くない

自分を過大評価するのは、悪いことのように聞こえます。
実際にダニング=クルーガー効果は、恥ずかしく、悪いことのように言われています。

しかし実際は、成長において有利に働きます。

自己評価ができないだけ

  • 自分を過大評価しているから、能力が低いのではありません。
  • 能力が低いからこそ、自己評価ができないだけです。

まずは「正しい自己評価は、成長に必要か?」を問う必要があります。

心理学の研究をみると、それは「いいえ」です。

「小さな池の幸せな魚」という論文があります。[※]

小さな池の幸せな魚

自分の能力が他人より劣っていると、挫折しやすいのです。
挫折とは、リタイヤです。

多少はうぬぼれていた方が、努力するモチベーションになって良いのでしょう。

目標達成の可能性があれば頑張れる

目標を達成する可能性があればあるほど、努力することができます。
可能性がモチベーションになるのです。

これを裏付ける研究報告があります。[※]

この研究では、実験に参加した生徒の学年が低いほど、目標に向かって努力できました。
学年が低い」ということは、残された時間が多く、目標が達成できるチャンスを感じるのでしょう。

以下の記事では、さらに詳しく解説しています。

「他人と比べる」のを辞める方法はひとつだけ!比較にはメリットも。
他人との比較は悪い? それとも……。

努力の心理バイアス

前述のように、自己評価が正しいと、リタイヤする可能性があるのです。
そして、高い自己評価は「目標が達成できるかもしれない」という夢を与えます。

人間は進化の中で、ダニング=クルーガー効果を知らないうちに利用していたのでしょう。

周囲が気をつけるべきこと

これから成長する人に、「能力が低い」という現実を叩きつけてはいけません。

これは、最悪の行為です。
前述のように、モチベーションが下がり、リタイヤに繋がるからです。

先輩やコーチであれば、まずは「やる気」を育てる工夫を考えることです。

自分が気をつけるべきこと

ダニング=クルーガー効果は、モチベーションに変換されるなら、良い心理です。

しかし、悪いパターンもあります。

それは「見ただけで、できる気になる」という心理です。
能力がないのに、プライドだけが高くなっているのです。

実際にやってみると、もちろん上手く行きません。
こうして、自己肯定感が下がってしまうのです。

Youtubeで実技を何度も見た人は、自分でも簡単にできると思い込んだ

Youtubeで見ただけで、できる気になっていませんか?
以下の記事にて、詳しく解説しています。

能力が低いのに、プライドが高い人には理由があった【研究】
うぬぼれの心理学

実際にYoutubeのコメント欄を見ると、疑わしい人であふれています。

ダニング=クルーガー効果を防ぐ方法

誰であっても、ダニング=クルーガー効果によって、自分を過大評価する傾向があります。

もし、正当で現実的な評価を知りたい場合は、どうすれば良いのでしょうか?

友人や同僚に、このように聞いてください。

  • お世辞は抜きで、正直に答えて欲しい。

最も確実なのは、専門家に聞くことです。
ただし、様々な要因を考えてください。

例えば、時間軸です。
トレーニングして、1年目と3年目の人間では、もちろん能力が違います。

同じ時間軸の人と、比較しましょう。

何かと比較して、可視化することで、はじめて正しい評価ができます!