【何者にもなれない】そう思った人に読んでほしいこと

何者にもなれない

10代、20代の頃は、理想の人物になれると信じています。
そして30代、40代以上になると、「何者にもなれなかった」と感じるようになります。

この感情の大きな要因は、後悔です。
さらに「完ぺき主義」「ストレスコントロール能力」「幸福感」が関わります。

何者にもなれない」と感じるようになった時、あなたは何をすれば良いのでしょうか?
もしくは10代、20代であれば、どうすれば良いのでしょうか?

理想の自分が強い後悔を生む

自分の感情には、3つの種類があります。
自分という存在をどのように認知しているか」ということです。

  • あるべき自分
    反社会的な行動をしない「道徳心」のようなもの。
  • 実際の自分
    今の自分のこと。
  • 理想の自分
    「誰かのようになりたい」「目標とする自分」のこと。

心理学の研究は、この「3つの自分」が引き起こす「後悔」の傾向を見つけました。[※]

理想の自分になれなかったことへの後悔

研究者らは、どのような後悔が最も多いのか、アンケートを取りました。
参加者のうち、72%の人が「理想の自分」に対する後悔を感じていました。

それは、なぜでしょうか?

「あるべき自分」や「実際の自分」は、すぐに修正することができます。
「やらない」という選択をしたとき、自分で決めたことなので、後悔から回復するのが早くなります。
また、後悔しそうな状況であれば、「しない」から「やっぱりする」という方向修正ができます。

一方で「理想の自分」には、「やらなくても、どうにかなる」という選択ができます。
つまり、簡単に無視できるのです。

理想の自分を追い求めているときは、無視をしても、後悔の感情はありません。
しかし、あとから後悔の念となって、ジワジワと効いてくるのです。

このタイプの後悔は、時間が経っても消えることがなく、ずっと残ります。

一番つらい後悔パターンとは?

人の脳は、常に後悔回避をしています。
損をしないように、行動するようになっているのです。

しかし、後悔が直感的に予測できなければ、後悔回避もできません。
やらなかったこと」の後悔は、時間が経って気づくのです。
そのため、後悔回避の行動ができないのでしょう。

何者にもなれない」という感情の正体は、「理想の自分になれなかった」という後悔です。
その後悔は、ずっと残る性質があるのです。

会社を辞めたときの後悔

例えば、会社を辞めたときの後悔です。
これは、自分で決断した行動です。
さらに、再就職活動など、すぐ行動するべきことが増えます。

このような状態では、後悔の感情が薄れます。
「やらなくて放置した」という後悔ではありません。

理想の自分はフワフワしている

「何者かになりたい」という理想の自分は、あいまいなものです。
ただ、何となく「何者かになれそう」と思いつつ、過ごしてしまいます。

これが最もやっかいな「後悔」を生みます。

目標があいまいなため、放置することを許してしまうのです。
「あのとき、頑張っておけば……」と、後悔さえもあいまいです。

そのため、具体的な改善方法を見つけられません。
こうして、あやふやなまま、後悔の感情が強まっていきます。

何者にもなれない人はどうすれば良いか?

「何者にもなれなかった」という感情は、後悔から生まれます。
そして後悔の感情は、「幸福感」を削ります。

しかし、複数の研究報告によると、60代以上で幸福感が増します。[※]

また、若者も幸福を感じる傾向が高いですが、30代以降になると、幸福感が最も低くなります。

ちょうど30代あたりから、「何者にもなれない」という不安が出てきます。

高齢者の高い幸福感は、なぜでしょうか?
要因のひとつは、あきらめることです。
高齢になるほど、できることが少なくなるからです。

一方で、高齢者は「習いごと」を楽しむことができます。
理想を追い求める必要がないからです。

また、ストレスコントールも、年齢を重ねることで、上手くなります。

ですから30代以降は、「なれそうな自分」と「なれない自分」の間に挟まれます。

後悔と向き合う

30代以降は、どうすれば良いのでしょうか?
それは、後悔と向き合うしかありません。

  • その時のベストを尽くした
  • これが人生だ
  • 何も間違いはない

これらの言葉は、思考を停止させるためのスイッチです。
もし効果があるとしても、それは解決ではありません。
終わらせるための言葉です。

後悔とは、経験です。
人は、経験から学ぶことができるので、後悔と向き合うことが大切です。

後悔をしている理由を思い起こし、今すぐ何をするべきかと問います。
(できるだけメモとして残します)

後悔の感情は、不快なものです。
だからこそ、人は不快な感情を回避し、さらに穴にはまってしまいます。

悪いプライドの捨て方

悪いプライドを捨ててください。
悪いプライドとは、自分のやったことに対して、尊敬を求めることです。

尊敬されるために、何かをやると、上手く行きません。
自分ではなく、他人のためになることをやってください。

大きな舞台に立つためには、小さな舞台から始めます。
その小さな舞台に立つためには、舞台でもない身近な場所で、誰かを喜ばせることです。

完ぺき主義から抜け出す

完ぺき主義の人たちは、昔よりも増加しています。[※]

完ぺき主義の要因は、複雑です。
その中でも「成功者が目立つ」という要因があります。

完ぺき主義が増えた理由のひとつは、成功者を見る機会が多くなったことです。
これは、メディアやSNSによって、個人にスポットが当たるようになったからです。

昔の世代では、個人にスポットが当たるようなことは、考えられませんでした。
映画俳優やミュージシャンに憧れることはあっても、多くの人は、現実的な目標にしません。

SNSにはコミュニケーションのメリットもありますが、幸福感については、マイナスに働くことがあります。

また、多くの人は「完ぺきな投稿」を意図的にします。
完ぺきな他人を見すぎているため、「何者にもなれない」という満ち足りない気分が増えます。

SNSから離れる

SNSから離れるのは、有効な方法です。

ツイッターではミュート機能を使うのも手です。

これは、自分の幸福感が削られないための防衛策です。

学校や会社のようなコミュニティは、自分のレベルにあった人がいます。
これがインターネットになると、全国レベルの優秀な人ばかりです。
切磋琢磨できる人が周囲にいた方が、自分のスキルアップに繋がります。

成功している人から学ぶことは、多いでしょう。
しかし、その人たちは、自分に光を当てているだけかもしれません。

小さな目標を作る

「何者にもなれない」と感じる人は、どうするべきか?
その結論は、具体的で小さな目標を作ることです。

例えば、以下のような目標です。

  • 英単語を1日に10分間おぼえる
  • 1ヶ月に2冊の本を読む
  • 資格や仕事の勉強をする

以下のような目標を立てないでください。

  • 成功している人になる
  • 有名人になる
  • お金持ちになる

お金持ちや有名人を目指すことは、決して悪いことではありません。
目標が「あいまい」なだけです。

そして「何者にもなれない」という感情は、抽象的です。
この抽象的な感情を放置してはいけません。
数年後、後悔に変わります。

ですから具体的で小さな目標を立てます。
その小さな目標からクリアしていけば、「いずれ大きな目標にたどり着く」という計画を立てると良いでしょう。

また、SNSから離れるのも有効です。
SNSは、他者の成功であふれています。

他者を見ないだけで、あなたの幸福感を回復させることができます。