怒り肩、なで肩では、どちらが科学的に魅力?

肩で魅力が変わります

科学では、男性と女性の魅力について長い間、研究がされてきました。
例えば女性は、砂時計のようなプロモーションほど、魅力度が上がります。(主に西洋文化、おそらく日本でも同様です)

さて、肩の形状は、どうでしょうか?

いかり肩で歩くと魅力度が高い(男性の場合)

いかり肩で歩く男性は、女性から見て、より魅力的に感じられます。
そんな研究報告を発表したのは、ニューヨーク大学の研究者らです。[※]

実はこの研究、怒り肩である必要はないのです。
女性は、肩を「すくめて歩く男性」に、多くの魅力を感じたのです。

肩をすくめて歩くだけですが、魅力の度合いは非常に大きいもので、約2倍のスコアが付けられています。
このことからも、非常に大きく影響すると言えます。

つまり「なで肩」の男性であっても、ちょっと肩を上げて歩けば良いのです。

女性は腰をひねりながら歩く

この研究は、歩き方の魅力を検証したものです。
男性の場合は、肩をすくめて、いかり肩で歩くのが魅力だと見つかりました。

それでは、女性の場合はどうでしょうか?
ちょうど、この動画のように、腰を振るように歩くのが魅力的とのことです。

坂上裕子 ウォーキングレッスン モデルウォーク ランウェイ 美しい歩きとリズム 美脚 ハイヒール 講師:村神一誠

この研究では、プロモーションではなく歩き方、すなわち動きや仕草に注目しています。
実は、今まで「動き」に注目した研究は少なかったのです。

女性は怒り肩を気にしなくてよい

女性の場合、いかり肩を気にする人がいるかもしれません。

前述の研究では、男性は「肩をすくめて歩くのが魅力的」というだけです。
だからといって、「女性は撫で肩が魅力的」という結論にはなりません。

身体的な見た目の魅力は、何がどう影響するのか?
多くの研究では、ウェストラインやヒップラインなどが影響するとあります。

しかし、私が探したところ「肩の形状で魅力が変わる」という報告は見つかりませんでした。
多くの研究がされているにも関わらず、なで肩、もしくは怒り肩が魅力という証拠はありません。

もはや気にするべきではないでしょう。
例えば女優さんでも、いかり肩に見える人はいます。

魅力とは、関係が感じられません。
(肩フェチという言葉も聞きませんよね?)

ホムンクルスの脳地図

足フェチがたくさんいる理由は、「脳の感覚を感じる場所が性器に近いからだ」と言う科学者がいます。
少し根拠が薄い話ですが、なかなか面白い理論です。

ホムンクルスの脳地図

これは「ホムンクルスの脳地図」と言います。
人間の感覚に対する脳の場所は、決まっていて、性器と足は近い位置にあります。

そして、離れた場所に肩や手があります。

結論

以下のような結論になります。

  • 男性は肩をすくめて歩くと、異性から魅力的に見られる
  • 女性は怒り肩を気にする必要はない
  • 女性は腰を振るように歩くと、異性から魅力的に見られる

ある程度は文化によって異なりますが、おそらく日本人でも同じでしょう。
これは異性の動きに注目した目新しい研究報告でした。

スポンサーリンク

記事がアップされたらブラウザで通知!

恋愛
tabiをフォローする
スポンサーリンク
旅レンズtoday